作る量を計算しても、出来る量が想像を超えてきます。

材料

  • 蜜蝋
  • シアバター
  • アプリコットカーネルオイル
  • ホホバオイル
  • スイートアーモンドオイル
  • フレーバー

アルガンオイルからスイートアーモンドオイルへの変更。
コストを抑えて、どう違うかの検証になります。

変更理由

アルガンオイルは浸透に優れサラッとしてべたつきが無く、ビタミンEがオリーブオイルの2~3倍で抗酸化作用による、肌の老化を防止するアンチエイジングに有効。保湿力も高いとされています。

スイートアーモンドオイルは痛みや傷など皮膚のトラブルに向いており、皮膚のあらゆるトラブルに有効。火傷、切り傷、湿疹、乾癬、虫刺され、腫れ等に利用できます。捻挫や打撲、骨折、リウマチ、神経痛にもいいと言われています。

前回より、保湿より皮膚の回復や再生に向いたクリームを作成という事です。

所感

前回よりも肌への浸透性がよく、塗布後も肌への馴染むスピードもあり。
また、クリーム自体がなめらかなため気温が低くてもクリームの硬化なく使いやすい。

フレーバーを変えずに作成したが、アーモンドオイルの香りもあり、フルーティなものよりウッディな香りの検討が必要。
前回より、コストも抑えられ、完成度があがっている印象。
実際に指皮を酷使したあとに使用する必要があるが、次作はフレーバーを変更する事を考慮して更に進めてたい。